激うまろぺちゅ製ナポリタン

約2ヶ月ぶりの更新となります。

コロちゃん蔓延のせいでお出かけする場所がない為完全にネタ切れとなってました。

そんな中自炊のレパートリーは対照的に増えていきましたので今回は自分なりに確立したレシピを紹介します。

 

タイトルでめちゃくちゃハードル上げたの後悔してる。

 

 

 

ろっぺんちゅ式ナポリタン

※約2人前なので1人で食べる場合この半分くらいで大丈夫です

 

材料

パスタ(200g)太さはなんでもいい

【具材】

・ピーマン(1個)

・たまねぎ(1/2個)

・ウインナー(2〜3本)

     お好みで

・マッシュルームor椎茸orエリンギ

・ニンニク

 

【ソース】

・ケチャップ(80cc)

・牛乳(大さじ1杯)

ウスターソース、砂糖、醤油(各小さじ1杯)

 

 

 

【調味料】

・バター

・オリーブオイル

・塩胡椒

 

 

 

まずは野菜とウインナーを切っていきます

f:id:roppenchu_1:20200519200530j:image

玉ねぎは気持ち薄めのくし切り

適当でいいです

 

ソースも先に混ぜ合わせておきましょう

ケチャップは80ccと書きましたがいくら入れても構いません、適当です。

ソース、醤油、牛乳、砂糖の量だけ入れ過ぎないように気をつけながら混ぜて行きます。

洋食に醤油を入れることに抵抗があるかも知れませんが、これを入れることで味にコクが出て美味しくなります。ホテルニューオータニレシピの受け売りですが

f:id:roppenchu_1:20200519201418j:image

こんな感じで少し薄めの赤色になります。

 

具材を炒めようね

f:id:roppenchu_1:20200519200630j:image

オリーブオイルとバターを引いて中火で炒めていきます、バターは今の時期品薄なので無くても大丈夫。

 

コンロが2口あるお家はこの段階で鍋にお湯沸かしておくと早いぜ。

お湯に対して2%の塩を鍋に入れます。

(でも%とか言われても分かんなくない?なので俺は適当です)

 

f:id:roppenchu_1:20200519201604j:image

結構がっつり炒めちゃっていいです。シャキシャキが好きな人は程々に。

 ここで塩コショウをかけるんですけども、個人的には塩はひとつまみ程度、コショウはたっぷり入れるとピリっとしたメリハリのある味わいになります、お好みで調整してください

 

炒め終わったらいったん別のお皿に移します。

そろそろ鍋のお湯も沸騰すると思うんでパスタをゆでて行きましょ。

 フライパンが温かいうちにソースをフライパンで温めます。

 

f:id:roppenchu_1:20200519201747j:image

中火でフツフツと沸騰させます、こうすることでトマトの酸味が薄れてマイルドになるよ。

 

f:id:roppenchu_1:20200519201859j:image

焦げ付かない程度までソースを温めたらさっきの具材を入れて混ぜ合わせます、この段階でソースを少し味見してみて、塩加減等が足りないようなら調整していきます。

 

混ざったら火を止めてパスタが茹で上がるのを待ちます。

茹で上がったらパスタのお湯を切ってフライパンに入れ混ぜて行きます。


f:id:roppenchu_1:20200519201856j:image

混ぜ合わせながらパスタの茹で汁を少し混ぜます、ほんのちょっとでいい。

 


f:id:roppenchu_1:20200519201849j:image

トングとかあると混ぜやすいんだけどね。

ケチャップが足りないなーって思ったら足して混ぜていきましょう。

 


f:id:roppenchu_1:20200519201852j:image

 完成!!!

白色灯のせいかキッチンより写りが悪い

 

お好みでパルメザンチーズとか目玉焼きとか乗せてお召し上がりください。

 

 

 

 

読み返してみれば非常にアバウトでいい加減なレシピだけどぶっちゃけこんだけ適当でも美味しく作れます。

ソースの分量だけよく味見をして調整するのが大事です、醤油とか特に入れ過ぎないようにね。

 

 

というわけで今回の適当レシピでした、普通にマジなレシピなのでネタもオチもありません。ここまで読んでいただきありがとうございました

ろぺちゅ散歩(川崎①)

ろぺちゅです。最近まだ寒いとは言え少しずつ春の様子が見えてきましたね。

路上飲酒もとい散歩もしやすい季節になってきたということで休日のろぺちゅの散歩を行動記録として書いていきます。内容が虚無虚無の虚無ですね。

 

1回目はおなじみ川崎です。川崎に住む者としてパチンコ屋と飲み屋と風俗だけの街では無いということを知らしめたい。

あんまり自宅近隣から紹介すると身バレの可能性があるので(もうしてるかも知れねえ)少し遠くから歩いて行きます。

 

f:id:roppenchu_1:20200306170553j:image

いきなりパチンコ屋さんです、最寄りです。

寂れた雰囲気と古めかしい機種群がまさに田舎のパチンコ屋という感じですね。

どうでもいいですけどタイのバンコクBangkok)が元だとすると綴りが違うのはなぜだろう、語源が違うのか?

ちょっと1000円だけジャグラー投資しました、ペカりましたがRB終わりでそのまま飲まれて-1000円です、もう行きません。

 

f:id:roppenchu_1:20200306170911j:image

こちらは追分まんじゅうのお店です、川崎名物らしい、聞いたことないけど。

f:id:roppenchu_1:20200306171047j:image

1個130円。

きなこがまぶしてあり、柔らかくとても美味しいのですがきなこが多くてボロボロ溢れるのと、柔らか過ぎる関係で形も崩れやすく食べ歩きには恐ろしく向きません。紺のコートを着ていたのですがきなこがかかりまくって悲惨なことになりました。

f:id:roppenchu_1:20200306171245j:image

そしてこちらはそのまんじゅう屋さんの隣にある中華料理店です。

ちなみに2019年にこの店の前でヤクザの銃撃事件が起きました、どうなってんだよこの街。

 

f:id:roppenchu_1:20200306171433j:image

よく見かける気になってるホルモン焼肉屋。去年くらいまで確かジンギスカン焼肉だったのですが居抜きで変わったらしい。

立地が悪いせいかあまり客が入ってるようには見えません。店名のせいでは?

 

f:id:roppenchu_1:20200306171604j:image

ここは川崎の仲見世通りです、飲み屋街です。

夜にここを歩いているとポケモンチャンピオンロード並の頻度でキャッチが声をかけてきます。なんなら通行人より客引きの方が人数多い。

美味しそうな店も割とあるのですがあまり近寄りたくないですよね。ヤクザ風の方々もいるので用もなく歩きたいとは思いません、俺は歩いてるけど。

 

f:id:roppenchu_1:20200306171907j:image

はい、ここもパチンコ屋さんです、川崎ロペステーションです。

ろぺちゅというHNを使ってる身としてはちょっと親近感を覚えますね。

フォロワーさんを川崎案内した時ここを見せたら「もしかしてHNはこれから取ったのか?」と聞かれましたがいくらなんでも俺はそこまでパチンカスじゃない。

f:id:roppenchu_1:20200306182825j:image

これはヨドバシカメラの前にある謎のオブジェです、名前を知らないので俺はエビと呼んでます。

待ち合わせ場所として作られたのかも知れませんがそこは好きですかわさき灰の街。それよりもその近くの喫煙所の方が待ち合わせ場所として利用されてます。

喫煙所が待ち合わせ場所になるのはヤニカスあるあるだと思うんですけどどうでしょうか。

f:id:roppenchu_1:20200306183037j:image

チネチッタです。そんだけ。

 

 

ただ酒飲んでただけなのにもう夕方になりました、どうして…

今日は川崎区エリアをウロウロしていただけですが今のところ飲み屋とパチ屋しか紹介してませんね。

川崎散歩第二弾に乞うご期待。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

実写版・ヲ○恋 感想(ネタバレ有)

f:id:roppenchu_1:20200214192750j:plain

何をトチ狂ったのかヲタ恋の実写映画版を見に行ってきました、貴重な休みを費やして。

 

あらかじめ言っておくと、好きな方には申し訳ないですが俺は別にヲタ恋のファンでもなんでもないです、というかクソ嫌いな漫画の部類です(1巻まで読みました)

セルフ罰ゲームというか石をひっくり返して虫がウジャウジャしてるのを見てキモがる感覚ですね。

一応ネタバレもありでその辺感想書いていきたいと思います。原作好きな方は閉じて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない方に説明するとあらすじとしては主人公の腐女子が幼馴染のゲームオタク男と付き合ってから~という話ですね。付き合うのがゴールではなく付き合ってからがオープニングになります。

 

実写の方は特に事前にプロモも見ておらず、Twitterの情報のみで見に行きましたがここで気になったのが

え??なんでミュージカル映画になってんの???

作中ちょいちょい歌とダンスが挟まれます、その数なんと12曲+α

何も知らなかったので面喰いましたが問題はそんなことではありません。

 

 

主人公を含め、オタク役がアニメや声優について熱く語るシーンがあるのですがなんとニコニコのコメント風で「88888」「キタ――(゚∀゚)――!!」といった煽りと、セリフ字幕が入ります。しかも事あるごとに。

たまにTwitterの広告でニコニコのコメントっぽいのが流れるアプリのプロモあるじゃないですか、あれをずっとやります、比喩じゃなく。

 

もうノリが10年前の2chやニコニコですよね、監督のオタク知識がアップデートされてないのがよくわかります。

そんな事言ったら「ヲタク」って言葉自体クソ古いですけど。

そのシーンも役者さんが一生懸命オタク役に徹してるのが分かるんですがまさに「クラスの人気者がオタクのモノマネをして嗤っている」という表現が合います。

 

また、演出やセリフアニメやゲームのオマージュが多いのですがどれも適当に思いついたような物ばっかなのでいちいちキツいです。(ドラクエネタ、モンハンネタ、声優ネタ等)

まぁこの辺は原作の時点でキツくてキモいので今更という感じです。

「とりあえずオタクが喜ぶような演出入れたろw」という魂胆が丸見えでした。

 

 

そして何よりも酷いのが主人公が居酒屋で職場の人間と仕事の打ち合わせをしているシーンです。(飲みの席で仕事の打ち合わせをするなバカ野郎)

 

主人公がトイレに立った時にFGOのコスプレをして飲んでいる女性グループを見かけます、その人たちは主人公の知り合いだったようでコスプレイベントの最中なので着たまま利用できるそうです(実際イベント中はコスプレ状態で入店可の飲食店あります)

レイヤーさん達が立ち上がりFGOのキャラになりきってセリフを言います。

 

マシュ「おめでとうございます!レベルアップですよ先輩!」

ジャンヌ・オルタ「喝采を!我等の憎悪に喝采を!!」

アルトリア「いつまで休んでいる、雑魚共を蹴散らしに行くぞ!」

ぐだ子「(頑張るぞいポーズで)ぐだ子です☆」

?????????????

ちなみにアルトリアはオルタじゃないです、普通にセイバーです。

 

あとこれ、どこでやってるって居酒屋ですからね、普通に公衆の面前でやってるんですよ。キモくないですか。

 

 

一応擁護すると、隣に邪ンヌがいるので合わせてオルタのセリフ言ったのかなーって思うのと、ぐだ子は特にセリフないので思いつきで言ったのかなーって思いました。

あ、でも邪ンヌの人は美人だったし言い方も完璧でした。

 

 

 

それから気になった点といえば、主人公が男の上司に飲み会帰りにサシ飲み付き合わされた挙句ビルの屋上でダンス(そのままミュージカル)というシーンがありますが普通彼氏いるのに上司とそんな所で飲みますかね普通...社交ダンスとか実質セックスですよセックス。

しかも飲むだけでは飽き足らず後日家に呼ばれます、そして付いて行きます。

しかもしかも主人公の彼氏は彼氏でバーで知り合った女性に家に誘われます、そして付いて行きます。

健常者様方の倫理観はどうか分かりかねますが普通恋人いるのに異性の家誘われて付いてきますかね・・・?さっさと別れろ。

ちなみに主人公とその彼氏、この両者を誘った2人の計4人は原作の時点では最初から知人間なので、それならまぁ友達として家に呼ぶのも分かりますが映画では初対面から始まります。つまり会って間もない異性に誘われて付いて行ってるわけです。さっさと別れろ。

この辺は原作ファンのブチギレ要素なのかなと思いました、知らんけど。

 

 

 

 

とまあストーリーから演出からとにかく酷かったです。例えるならオタクが電車などの公共の場でクソでかい声で話して周囲の人から冷たい視線を向けられている様子を2時間ずっと見せられている感じです。

共感性羞恥でマジで死にそうになりました、見てる最中何度も天井に目を逃がしていました。

原作はオタクノリの寒いキツい腐向け漫画なのに対し実写版はとにかくオタクのキモさが全開に出ていました、そういう意味では役者さんも演出もクオリティ高いのかも知れません。

 

お芝居に関しては日本の恋愛ドラマみんなあんな感じじゃね?と思いました。

割と主演の役者さん目当てで来てる人も多かったみたいだし、館内から結構笑い声も聞こえていました。というかオタクや原作ファンはそもそも見に来ないんじゃねえか・・・?

あとミュージカルの曲やダンスは普通にクオリティ高かったし、オープニングのコスプレダンサーさんも美人でした。

あ、あと内田真礼さん(だっけ?)のライブシーンもありました、声優興味ないので分かりませんが。

 

結論:オタクは見るな

 

レンタルが始まったらオタク数人で酒飲みながらワイワイ見てみんなでゲロ吐きながら楽しむ映画です。というか映画館だと耐え切れません、マジで。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【疑問】なぜ人は生の肉の写真を見て「おいしそう」と思うのか

f:id:roppenchu_1:20200120212559j:plain

 

皆さんは肉は好きですか。

俺は大好きです。煮る、焼く、炒める、蒸す、揚げる。どの肉をどの調理方法で作っても大体美味しいです。

当然焼肉も大好きでしょっちゅうという程ではありませんが行きます。

 

Twitterを見ててもフォロワーさんが焼肉行ったりお肉を食べている写真がアップされているのを見るのですが最近気になったことが一つ。

なぜみんな焼く前の肉の写真をアップするのか

という事です。これ皮肉とかじゃなくて純粋に疑問です。

 

f:id:roppenchu_1:20200120213618j:plain

このような提供された焼く前の写真をアップして「焼肉会やりまーす!wウェーイ!w」って感じのツイートがよく見られます。皮肉じゃないですよ、皮肉じゃありませんとも。

f:id:roppenchu_1:20200120214129j:plain

仮に網の上にあるとしてもこんな感じでまだ生だったりする。

 

これは焼肉に限らずしゃぶしゃぶとかもそうですね

f:id:roppenchu_1:20200120213552j:plain

店が出す広告等ではなぜか鍋にいれる直前、もしくは入れたばかりの生の状態の写真がよく見られます。

これ、お店側が出してる写真とかだったらまだ分かるんですよね。

例えば焼肉屋や、ギフト品のお肉とかは紛れもなく生の状態で提供されるわけですからそこで焼かれた状態の写真を掲載するのは虚偽の広告に当たります。

ステーキ屋さんなんかは逆にちゃんと焼かれている状態の写真を載せていますね。

当然ですがユッケとかならともかく肉は加熱調理して食すものなので、焼肉屋で提供された肉をそのまま食うようなバカはこの世に居ません。

 

 

 

話は全く変わりますが俺は高校の修学旅行の時行ったビュッフェ形式のレストランで、生肉を取ってカウンターまで持っていくとシェフがその場で焼いてくれるシステムだったのですがそれを知らずに生肉のまま塩やソースをかけて食べた為生肉を食う狂人として一躍有名になりました。

 

 

 

 

しかしなぜ民衆は焼かれる前の肉の写真を載せるのでしょうか。

答えはほぼ分かり切っていることですが、生の状態の方が見栄えが良く、美味しそうに見えるからという事でしょう。

ですがなぜ生の方が美味しそうに見えるのか。

 

人間は本来生肉を食べる生き物であり、生肉を美味そうと思うのが当たり前なのではないか、などと様々な説を個人的に立ててみましたがここで一つ気付いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉の写真貼ってるとお腹空いてくる

 

 

 

 

寝ます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで考察すると、焼肉屋さんだとお店側が綺麗に並べてくれたお皿の方が見栄えがよくてインターネット映えするってのが理由だと思います。ちょっと考えれば分かりますね。確かに焼いた後って形も崩れるので美味しいけど綺麗ではない。

あとは生の方が脂身の多さや位置などが明確に分かるというのありますね。

 

それから生のまま載せられるのが焼肉の写真が多いのは調理後の味を連想しやすいという所にあると思います。98%の日本人は店でも家庭でも焼肉をしたことがあると思いますが、肉を取って網もしくはプレートで焼いてタレを付けて焼くまでの過程を一つとして連想出来るので、生の状態でも「(これを焼いてタレにつけて食べたら)おいしそう!!」と思えるのではないかということです。

A5サーロイン肉の生の写真を見ても同じように感じますね。

これがもし調理後の肉しか生来見たことが無い箱入りのお嬢様だったら生肉を見ても美味しそうに思えないのではないでしょうか。

f:id:roppenchu_1:20200120221958j:image

 

これは今日作ったハンバーグのタネです、挽肉は調理後の姿から連想しづらい(遠い)ので流石に生のままでは美味しそうに見えませんね。

 

f:id:roppenchu_1:20200120222015j:image

ハンバーグでした、美味しかったです。

 

以上考察でした、読み返してみるとバカみたいな内容ですね、ありがとうございました。

磯丸水産

                          磯丸水産

 

主に関東と近畿を中心に展開されてる海鮮居酒屋チェーン店(だそうです、今調べました)です。

俺全国チェーンかと思ってた

2009年に1号店が出店され、すでに100店舗以上が出店してい(るそうです、今調べました)ます。

 

f:id:roppenchu_1:20200109182200j:image

駅前の割と目立つ所にあるので見たことある方も多いんじゃないかと。

かなりアクセスも良いため僕もしょっちゅう行ってます。

 

ここのお店、なんと言っても24時間空いてるのが良いです。朝から行くもよし、オールで飲むもよし、ランチメニューもあります。

海鮮がメインですがベーコンやチャーハン、パスタ等も取り揃えてます。

 

そんな中でも私ろっぺんちゅのおすすめメニューを紹介していきます。

f:id:roppenchu_1:20200109183237j:image

・蟹味噌の甲羅焼き 

これはもう鉄板です、蟹味噌食わず嫌いだったんですけどここで好きになりました。

コクもあって美味しいので最初に頼むべきです

f:id:roppenchu_1:20200109183416j:image

・蟹チャーハン

冷凍じゃなくてちゃんと炒めてくれてます。ここに蟹味噌かけて食べるとめちゃくちゃ美味しいです。チャーハン自体は割とさっぱりした味なので蟹味噌の濃さと非常にマッチします。というかメニューにもおすすめの組み合わせとして書いてる。

 

f:id:roppenchu_1:20200109183621j:image

・〆サバの炙り

磯丸は海鮮がメインなこともあって刺身や寿司などが多いのですがその中でもこの〆サバは量が多いのでお得です。店によっては卓に持ってきたあと目の前でバーナーで炙ってくれたりしてテンション上がるんだけど最近やってくれるとこ少ないんだよね。

 

f:id:roppenchu_1:20200109191105j:image

・モツ煮込み豆腐

これも一品ものとしてはかなり美味しいです、まろやかで味が濃く満足できます。

 

 

 

f:id:roppenchu_1:20200109191535j:image

ドリンクメニューはこんな感じ

高くも安くもなく普通の居酒屋くらいの感じですね。

f:id:roppenchu_1:20200109191613j:image

この雷神シリーズがかなり酔えるので最高です。4杯くらい飲んだ辺りから気持ちよくなるぜ。

 

他にはアジフライやハムカツといった揚げ物や、やはり海鮮丼などもおすすめです。

外れメニューが無いというのはチェーン居酒屋の魅力でもありますが…

 

f:id:roppenchu_1:20200109195727j:image

こちらはお通しです。

「残飯?」と思うかもしれませんがれっきとしたお通しです。ちゃんと美味しいんですけど焼き物出してくれるくらいならたこわさとかユッケの方が欲しいよね、

店によってはこれの代わりにユッケとか頼めたりするんですよ。基準がよくわからん。

 

 

 

結論:オールで飲んでれば酔いと深夜のテンションで大体のもん美味く感じる。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

この居酒屋紹介記事、シリーズ化しようかな。

元旦

f:id:roppenchu_1:20200101223305j:image

あけましておめでとうございます。

 

5時に起床した。

新年のめでたさがあまり無く、前日死ぬほど飲み食いしたものが胃袋に残ったまま重い体で暗い中出勤。

職場の人達に新年の挨拶をするのだが1人1人にやっていくのがめんどくさくて仕方ない、喋りたくない。こんな時間に出勤してる時点で何もめでたくないんだよ。

 

車を出して駅前まで向かう。浮かれた人間とゴミが転がっている(川崎はゴミと泥酔者が多過ぎて見分けが付かない)が人はかなりまばらで少ない。途中道路で猫が死んでいた。

 

駅前に行くとヨドバシに早朝から並ぶ人達と酔っ払いといつも通り工場へ出勤する人達とでなかなかカオスな事になっていた。後は初日の出を見に行こうと埠頭の方のバスに待つ人たちもいる。

人の過ごし方に文句を言う筋合いは無いけども、正月の朝から寒い中並んだりしているのは辛いしどうなのかなーと思う。

個人的には正月は暖かいコタツでお菓子を食べながらひたすらゲームしまくる日という認識があるのでどこかに出かけるという発想がまず無い。というか小学生の時からずっとそうだった。みんな仕事がんばったんだし少しは家で大人しくしてていいんじゃ無い?

と言いつつも俺自身が仕事している立場なので浮かれている人たちを見るとどうにも腹が立つ。これは仕方ないんだよごめんね。

 

やる気のないまま車を走らせる。さっき死んでいた猫はカラスに死体を突かれていた。彼らも生きることに必死なのである。

生きることに必死なのは動物だけじゃなくて人間の一部もそうである。俺は無一文で家もなく、ネカフェで年を越したフォロワーを知っている。

正月だからと浮かれているのは人間の、しかも生活に余裕がある人間だけなのかもしれない。

f:id:roppenchu_1:20200101224439j:image

車窓から初日の出を迎えました。

 

 

空虚のまま仕事が終了。2日3日と休みなので帰った瞬間家にあるワインと発泡酒を持ち出かけに行きました。

f:id:roppenchu_1:20200101224008j:image

元旦くらいこんだけふざけた事しててもいいよね?元旦だし。

 

夕方になり友達とすしざんまいに行きました。

樽酒のサービスがあり、寿司も大変美味しく食べた。元旦から寿司を食べたいという欲を叶えてくれるのもひとえに彼ら職人と従業員のおかげだ。

f:id:roppenchu_1:20200101224220j:image

 

寿司を食べ友達の家で酒を飲みながらゲームにふける。これだよこれ、俺が求めていた正月は。

 

 

こんな感じで過ごすのが理想なのかな。

俺は楽しく過ごしている。みんなも思い思いの過ごし方してると思うけどまだまだ寒いし体調には気を付けてくれよな。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2019年を特に振り返らない

f:id:roppenchu_1:20191230230359p:plain

早いものでもう年末です、街中がクリスマスの雰囲気になってから大晦日まであっという間ですね。

欧米では12/25を過ぎてもしばらくクリスマスムードが続くそうです。年越しと正月のお祝いもクリスマスのついでだそうで。

日本は少し駆け足過ぎる気がしますね。店舗に勤めている人は大忙しだと思います。

  

話は変わりまして2019年の事です。

スマホのカメラロールを見返してみると割と自分がどう過ごしていたかというのが大体分かってきますね。日記とか付けてる訳でもなければ自分が何していたかってパッと出てこないのでこういう時に写真って撮っておくと色々思い出せるのがとても良いです。

このブログ自体、自分の軌跡みたいなのを見ておきたいので書いてる節あります。

私ろっぺんちゅは去年の9月ごろ川崎に引っ越してきました。2019年は人生で初めて丸々1年を川崎で過ごしたことになるわけです。

新住居での1年半はそこそこ満喫しています。毎晩のように隣のカップルがセックスしたりバカ騒ぎしていたせいで女の笑い声を聞くだけでビクッとしてしまうくらいノイローゼになっていましがた俺の徹底抗戦(例:EDMを爆音で流す、こちらも奇声を発する)のおかげか10月ごろに引っ越していきました。しかし3週間と経たずにまた別のカップルが引っ越してきました、呪われているのか俺は。

 

人は住んだ場所に染まっていくというのは本当のようで、川崎来たばかりの時はあまりの浮浪者やチンピラやそれに匹敵する異常者の数々に圧倒されましたが今やすっかり自分もその仲間です。

歩き飲みや電車で酒飲んだりすることは前々からよくやっていたので気にはしませんでしたが、川崎には当たり前のように歩きタバコやワンカップ持って公園のベンチ座って飲んでいるオッサンがいるので俺も感覚が麻痺して当然のように似たようなことしてました。

たまに県外の方にそのことを話すと驚かれます。

あ、でも錦糸町と足立区住んでいる人は特に驚きません、あそこの人間の層ほぼ一緒なので。

 

仕事に関してはとにかく激務ですね、平日固定休みでなかなか土日に休めないので周りとも都合が付かずどんどん孤独が加速していきます、俺はこのまま年を取っていくんだ。

毎月80時間超残業していますがその分お金もそこそこ貰えています。しかし心身削って得られる金額としては少ない・・・少なくない・・・?

 

後は筋トレですね~、これめっちゃストイックに頑張っています。ジムは特に通っていないでのすが、職場にトレーニング器具があるおかげで今年に入って相当痩せました、なんなら運動部にいた学生時代より痩せています。

元々食べる量が本当におかしかっただけで、ちょっと食事の量を標準ちょい以下に抑えるだけでかなり痩せられることが分かりました、痩せたい奴は食う量抑えろ。

 

 

大体過去を思い出してきたところで来年の目標、ざっくり

パチスロをしない、筋トレ頑張る、ハゲ治療頑張る、お金貯める、海外も行きたいな~~~!!!!

 

以上!!!!!!!

後はありません、ろっぺんちゅログも変わらず不定期更新でやっていきたいと思うのでご愛顧いただけたら幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました、皆さんよいお年を。